1. HOME
  2. 多キャラ箱 企画コンテスト2014 最終結果発表
 
     

 
多キャラ箱 企画コンテスト2014 最終結果発表

3273

 

マシュコロ

作家名 : CHISATO

企画名 : スマートフォンゲームアプリ「マシュコロイーター」

かわいらしさと癒しを兼ね備えた「マシュコロ」を食べる!?スマートフォン向けゲームアプリの配信。

同年代の女性をターゲットにしたキャラクターを考えようとした時、マシュマロというモチーフを思いつき、ストレス社会に疲れた女性が楽しめるゲー ムアプリを企画してみました。共感してくれるといいなと応募してみましたが、優秀賞までいただいて感激しています。ありがとうございました。

 

「かわいらしさ」「癒し」「普段できないこと」といったコンセプトやターゲット層とモチーフの選定が見事にマッチし、キャラクターの特徴を活かしたアイテムや独自のルールが盛り込まれたゲームの内容が高く評価されました。また、ゲームとは独立したキャラクターの世界観も更なる展開を期待させるものでした。

3204

 

ひめさまパンダ

作家名 : わるいだ~

企画名 : ひめさまパンダ アニメ企画書

「シュールでカワイイ、笑える動物アニメ」をコンセプトにしたショートアニメーションの制作。

一次審査を通過しただけでも大変嬉しいのに、このような賞をいただき大変光栄です。この賞をきっかけに「ひめさまパンダ」を色々なところで活躍し、広めたいと思います。ありがとうございます。

 

人気者のパンダのイメージとは一味違ったシュールで独特な世界観が繰り広げられており、物語の舞台や歴史背景なども細かく設定されていました。個性的なビジュアルは、アニメ企画にとどまらず、様々な展開が可能なキャラクターであると評価されました。

3157

 

スティル

作家名 : aurinco

企画名 : スティル

地球の未来を考えていくためのキャラクター「スティル」の絵本の出版と動画配信からのグッズ展開。

「スティル」という企画は、私の長年の夢が詰め込まれたもので、このコンペなしでは、具現化できていなかったものです。そういった意味でもとても有意義で、主催した株式会社プラントピア様には心から感謝いたすとともに、今後、現実的なものとなるよう尽力する所存です。このたびは誠にありがとうございました。

 

商業ベースに留まらず、非営利の活動までも見据えた、とてもしっかりとした企画でした。地球の未来を考えていくためのキャラクターというコンセプトをたくさんの人たちに伝えていくためにも、時間をかけて育てていきたいキャラクターであると感じました。

3087

 

はみがきこりす

作家名 : ヒナノハル

企画名 : はみがきこりす キャラクターグッズ展開

かわいい「はみがきこりす」のイメージ、フォルムを活かした雑貨や玩具、文具での展開。

「はみがきこりす」は前々から自分の中で暖め続けていたキャラクターだったので、こうして賞を頂く事ができ、とても嬉しく思っています。この受賞を機に、もっと皆様を楽しませるようなキャラクター作りをしていきたいです。

 

キャラクターの可愛らしさやフォルムの特徴が活かされたグッズの企画を提案していただきました。特に立体化されたキャラクターの評価が審査員の間でも高かったです。キャラクターの世界観を広げていくことで、更に魅力的なキャラクターになる可能性を秘めていると思います。

この度は「多キャラ箱 企画コンテスト2014」に応募総数292点というたくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。

10ページを超える企画書、動画ファイル、サンプル品、絵コンテなど様々な形でグッズなどの商品化、絵本などの出版化、アニメ制作など多種多様な企画をお送りいただきました。時代を反映し、スマートフォンアプリの企画も多く見られました。
皆様からご応募いただきました企画は実行委員会のスタッフ全員で拝見し、慎重に審査をさせていただきました。ご応募いただいた皆様の想いが伝わってくるキャラクターや企画の数々に、審査は難航し、急遽「特別賞」の枠を設けることにいたしました。

また、本コンテストは名称にもありますように「企画」のコンテストですので、キャラクターだけではなく、「企画内容」が主な審査対象となっていました。このため、企画内容が十分でないという理由で、惜しくも受賞に至らなかった作品の中にも、魅力的なキャラクターが少なからずありましたので、そうした作品については、今後キャラクター作りの面でバックアップさせていただきたいと考えております。

最後になりますが、今回受賞された皆様、おめでとうございます。そして、ご応募いただきました皆様、運営にご協力いただきましたすべての皆様に、この場を借りて心より御礼を申し上げます。

多キャラ箱企画コンテスト実行委員会

このページの先頭へ