1. HOME
  2. キャラクターを探す
  3. 歌舞伎伝
  4. キャラクター「源 義経」
 
     

源 義経

源平合戦後の源義経の都落ちをきっかけに、平家の武将の復讐とそ
れに巻き込まれた者たちの喜悲こもごもを描く。
義経は吉野の河連法眼の館にかくまわれており、ここへ、佐藤忠信
が訪ねて来る。ところが忠信は一人でやって来たと言い 静御前の
事も知らないと言う。 不審に思っているところへ静御前と供に再
び佐藤忠信が来たと知らせが入る。義経の命で静御前が詮議すると

、供の忠信は初音の鼓ヤの皮となった狐の子であった。狐の子が親
を慕って孝行のために初音の鼓と同行していたことを知った義経初
音の鼓を狐忠信に与える。
源氏の総大将である兄頼朝に追われる事となる源義経。武勇に優れ
一軍の将に相応しく情理をわきまえた人物として描かれる。
義経千本桜

 
©KODO
LINE Twitter Facebook Previewicon
プレビュー数 : 64


件数: 0

コメントを書いてみませんか? コメントを書きこむには、会員登録(無料)もしくはログインが必要です。

送信されました。

このキャラクターが著作権違反など、他者の権利を侵害している場合は、下記のフォームよりお知らせください。

報告内容を選択してください。




報告内容をできるだけ詳しくお書きください。
コメントやあなたのお名前がキャラクター登録者に通知されることはありません。

入力例) ○○○(キャラクター名)に似ています。

open