1. HOME
  2. キャラクターを探す
  3. 歌舞伎伝
  4. キャラクター「鏡獅子」
 
     

鏡獅子

江戸城の正月嘉例の鏡開きに先立ち、大奥では鏡曳きの行事が行わ
れ技芸に優れたものが選ばれて舞うことになっている。見目麗しい
女小姓の弥生が選ばれ、獅子の舞が演じられることとなり、艶やか
に舞い始める。舞が佳境に入り、のめり込んでいく弥生が祭壇の手
獅子を取り上げ舞を続けると、手にした獅子頭が飛び交う蝶に誘わ
れ思わず知らず動き出し、弥生が袖で抑えようとしても止まらない

。それどころか勢いのついた獅子頭はなおも猛り狂い、弥生を引き
摺り、蝶を追って、いずこへともなく消え去る。
歌舞伎舞踊の大曲で、一人の役者が前半の可憐な女小姓弥生と、後
半の勇敢な獅子の精を踊り分ける。
春興鏡獅子

 
©KODO
LINE Twitter Facebook Previewicon
プレビュー数 : 62


件数: 0

コメントを書いてみませんか? コメントを書きこむには、会員登録(無料)もしくはログインが必要です。

送信されました。

このキャラクターが著作権違反など、他者の権利を侵害している場合は、下記のフォームよりお知らせください。

報告内容を選択してください。




報告内容をできるだけ詳しくお書きください。
コメントやあなたのお名前がキャラクター登録者に通知されることはありません。

入力例) ○○○(キャラクター名)に似ています。

open