1. HOME
  2. インタビュー
  3. nachicco*
 
     

キャラクター作家インタビュー1

板わさん。やキノコリスの作者でもあるnachicco*さんにキャラクターとの出会いや制作方法など、気になることをいろいろとインタビューしてみました。

nachicco*さんは子供の頃から絵を描く仕事を将来の夢として考えていたのですか?
また、どのようなきっかけでキャラクターを制作するようになりましたか?

nachicco*のユニットでイラスト制作がメインのnachiccoがお答えします。
小学生の頃から絵を描くのは大好きで、
ただその頃は、表向きには「保母さんになる」のが夢でしたが、
勉強などの合間を縫ってはこっそりイラストや漫画を描いていました。
キャラクターを制作するきっかけは、デザインのお仕事をするようになってからです。
こういう仕事にこういうキャラクターがあればいいな、
こういうキャラクターでお仕事をしたいなと、
絵、だけでなくデザイン性をプラスした制作をするようになりました。

子供の頃、初めて描いたキャラクターを憶えていますか?

ミッキーマウスだったと記憶しています。
母の友人が買って来てくれた
ディズニーランドのグッズのミッキーマウスを自分で描きたくて練習して、
後日保育園で描いて先生に褒められたのを覚えてます。
筆記具は黒のフェルトペンでした。

キャラクター画像 1

nachicco*さんが子供の頃、好きだったキャラクターは何ですか?

私が好きだったのは、サンリオで扱ってた「FELIX(the Cat)」です。
シンプルでシャープなカッコよさが気に入って、
FELIXの顔がワンポイトに入った
サドルシューズを買ってもらったなぁ、と思い出しました。

キャラクターを生み出す上でnachicco*さんのこだわりは何ですか?

ただ可愛いだけじゃなく
良くも悪くも一癖あるようなキャラクターにする、ようにしています。
まだ公開していないキャラクターがたくさんいるのですが、
それぞれ個性があって見てて自分達でも楽しいです。
いつかその子達もお披露目出来る機会が来るよう、頑張りたいです。

キャラクターを描く時、これは便利!なツールはありますか?

A5、B5サイズのコピー用紙。
どんどん思いついたアイディアやデザイン、
企画や言葉などどんどんメモ出来て、
ピンと来ないボツ案はどんどん捨てられる気軽さが気に入ってます。
スケッチブックだと、
いらないページを破り捨てるにしても抵抗があるし、
このページのこのラフは残したいけど、このイラストはいらないのに…なんて
チマチマした悩みも一気に解決してくれました。

製作風景

ユニットで活動されていますが、ユニットだからこその利点を教えてください。

利点は、自分の考えだけでなく、違う視点からの意見が聞けることです。
自分(私)だけだと、どうしても独りよがりな部分も出てしまうので助かります。

キャラクター画像 2

作業場画像 1

「板わさん。」の制作で一番苦労した点は何ですか?

キャラクターは比較的早く完成したのですが、
これをどう動かしていくのか、どんな人達に発信するのかなどなど
設定に随分悩みました(笑)

「板わさん。」の名言はどんな風に作りますか?

街を散策中に聞こえてきた会話や、
居酒屋で大きな声で話してるグループの会話、
バス移動中、テレビやラジオなど
ふとふいに耳が拾ってしまった「え?!」な会話を参考にしています(笑)

ズバリ「板わさ」好きですか!?

好きです。
美味しそうな蒲鉾が売ってた時は自宅で作るくらいです。
(ただの「板わさ」ではつまんないので、紅ちゃんを作って楽しんでます。)
美味しい蒲鉾に当たった時は、お酒も進みます(笑)

キャラクターを制作しているクリエイターのタマゴの皆さんへ、
nachicco*さんからアドバイスをお願いします。

多キャラ箱さんを見ていて、
コンセプトやストーリーなど
しっかり作られてるキャラクターには随分と刺激をもらっています。

私もまだまだ沢山のタマゴの中の1個ではあるので
私達のアドバイスが生きるかどうかは不安なのですが、
キャラクターであるなら、
ある程度コンセプトやストーリーなど、世界観があった方が
見てる人も興味を持ちやすくなるのでは?と思います。
そんなことを考えながら作ると楽しみももっと倍増すると思います。

皆さんと一緒にキャラクターを育てて行けたら嬉しいです。

プロフィール

デザイン事務所勤務時代に出会い、意気投合した2人からなるクリエイトユニット。2003 年より始動。
知育・教育関係など、児童や女性向けのホームページや紙媒体を中心にイラストを多数提供。
「板わさん。」「キノコリス」をはじめ、愛犬をモチーフにした「meets BOSTON TERRIER」などのオリジナルキャラクターのデザインを手掛ける。
楽しみながら作風の幅を自然に広げていくスタイルで活動中。

プロフィール下部

space image