1. HOME
  2. 多キャラ箱講座
  3. だれでも作れるアニメ講座 ③描いてみよう
 
     

だれでも作れるアニメ講座

③描いてみよう

ここから作画を始めます。
※Illustratorで制作したイラストを取り込むこともできます。

Flashで線を描くには、いくつか種類があります。
鉛筆ツール、ペンツール、ブラシツールの3つです。鉛筆とペンは「線」で、ブラシは「塗り」となります。

画像の通り、上が線で、下が塗りです。こちらで色指定をします。
この2つのラインは、色以外あまり違いがないように見えますが、上の青い線が「線」で、下の赤いラインが「塗り」で描かれたものです。

ダイレクト選択ツールですべて選択してみると、良く分かります。
線は、軸となる線1本で描かれ、太さを変更しており、塗りは、輪郭になっています。
そのため、線の方はダイレクト選択ツールにより線の太さを変えず、曲線の山を変更することができますが、塗りで描かれた方は、軸となる線がなく輪郭で描かれているため、形が変形してしまいます。

もう1つ、塗りと線を簡単に理解するために、矩形ツールを使ってみましょう。

画像では、3つの矩形がありますが、それぞれ違いがあります。

A 線の色を青にし、塗りを赤にしたもので、線の太さは1で、中が赤く塗られます。 ちなみに、1度描いたものを全選択し、カラーを変えるだけで変更可能です。
B 線カラーをなし、塗りを赤にしたもので、外枠がない状態。
C Bの逆で、塗りをカラーなし、枠のみの状態です

カラーをなしにするには、画像右下にあるように、カラーなしにしたい方(線か塗り)をクリックしてから斜め赤線が入ったアイコンをクリックするだけです(色選択画面からも可能です)。

ツール マウスでは鉛筆ツールやブラシツールの線がうまく描けない、思ったような線が引けないという方は、ペンタブレットを利用してみてください。

 

●鉛筆ツール
鉛筆アイコンをクリックすると鉛筆になります。

画面下に「プロパティ」がありますので、鉛筆の色や太さなどを設定しましょう。

1 [線]の色
2 [線]の太さ
3 [線]の種類
4 [スムージング]…どの程度線を補正するかの数値
5 [先端と結合]…線の端や角をどういう形にするかの設定
6 [伸縮]…インスタンスのサイズによって線の太さを変更させるかどうかの設定

※インスタンスについては、④動かす(モーショントゥイーン)で後述します

線の太さを4にしてウサギを描いてみました。

マウスで描いたため、かなりよぼよぼの線ですが、スムージングの数値が50になっているので比較的スムーズな線になっています。
あまりにも補正が強すぎると感じた場合は、自分のタッチに合わせて数値を下げていき、適度な数字に設定しましょう。

ここで5の[先端と結合]について説明をします。
線端とは、その名の通り線の終わり部分をどのような形にするかの設定です。
線端の選択では、「なし」「丸型」「直線型」の3つがあります。
どう違うのか、画像で説明します。

 
線の終わり部分の違いがわかるでしょうか?

「なし」 何もない状態。
「丸型」 線の終わりが丸くなっているので、やわらかな感じが出ています。
「直線型」 きっちり角があるので、少し硬い感じになります。

自分の絵のスタイルや好みによって変えても良いと思いますので、いろいろと試してみてください。

 
次に結合の設定では、「マイター」「丸型」「ベベル」の3つがあります(マイターはわかりやすいように数値を4にしています)。
結合では、線の結合部分をどういった形にするかを選ぶことができます。

「マイター」 尖った形。
「丸型」 丸い形。
「ベベル」 マイターのような尖った部分を切ったような形。

線の太さや線端、結合は、作画後でも自由に変えられますので、色々と変えてみて、好みで使い分けてください。
太さなどの変更は、作画した絵を全選択後、下のプロパティで変更すれば、描いた絵の線などを変えることが可能です。
また、[修正]→[シェイプ]→[線を塗りに変換]で、線を塗りにすることも可能ですが、線に戻すことはできませんので注意してください。

6の[伸縮]では、インスタンスのサイズを変更した時に、線の太さを変更したくない場合は「なし」にします。「標準」はサイズによって線の太さが変化します。「水平方向」は横にサイズ変更をした場合のみ、「垂直方向」はたてにサイズ変更した時のみ太さが変わります。

 

●ペンツール
ペンツールでの作画は、「ベジェ曲線」というものになり、少々クセがあるので最初は使いにくいかもしれません。Flashを作る上で絶対的に必要なツールというわけではありませんが、使えるとFlashに限らずとても便利なので、覚えてみるのも良いかと思います(本講座では、基本的な使い方のみを説明します)。

ベジェ曲線は、説明を読むより、実際に使ってみて覚えた方が、習得は早いと思います。チャレンジしてみてください。


ペンツールのアイコンをクリックして、ペンツールに切り替えます。

適当な位置をクリックすると、小さな○が出ます。ここがスタート地点となります。

ギザギザになるように数字の順番にクリックしてみましょう。
線を終わりにしたいときは、ダブルクリックで止められますので、今回は6の点でダブルクリックして終わりにします(ESCでも可)。

それぞれの角に小さな四角があります。これをアンカーポイントと言い、ここをクリックすると、その角(アンカーポイント)を消すことができます。

では、次に曲線を描いてみます。


今回は、クリックしたら離さず、そのまま上にドラッグして、ハンドルを伸ばします(「ヒゲ」や「方向線」「方向点」など他の呼び方もあるようです)。

次に少し離れた同じぐらいの高さの所をクリックしたまま離さず、今度は下にドラッグします。これで山のような曲線が描けました。
 

上記を同じように繰り返すことで、下図のように波型の曲線の繰り返しが描けます。

ドラッグの方向を間違えると、次の図のようになってしまい、山形の曲線は描けませんので注意してください。

次はペンツールで丸を描いてみます。


先ほどと同じように、クリックしてそのまま離さず、下方向にドラッグします。

右下辺りをクリックしたままま「→」方向にドラッグします。

次は、最初にクリックしたのと同じ高さぐらいで、反対側をクリックしてそのまま上方向にドラッグします。
 

下と同じぐらいの位置で上のほうをクリックしたまま左方向にドラッグします。

最後に、書き始め地点の四角に合わせると、ペンマークの横に○が表示されますので、クリックしたまま下方向にドラッグして丸が完成です。

 
この時、ゆがんだ形になってしまった場合は、ハンドルが長すぎる、短すぎるなどの可能性があります。その場合はアンカーポイント切り替えツールで、ハンドルを動かして調整します。ペンツールのまま、Altキーを押しながらクリックして動かすことも可能です。

 
ハンドルが出ている状態で、アンカーポイントをクリックすると、ハンドルが消え、曲線から直線へと切り替えることができます。

 
 
先ほど、直線でギザギザを描いた時に、直線のアンカーポイントをクリックすると、アンカーポイントが消えましたが、曲線のアンカーポイントをクリックすると、直線のアンカーポイントになります。

また、直線アンカーポイントを、Alt+クリック&ドラッグで、曲線アンカーポイントにすることもできます。

また、アンカーポイントは、ダイレクト選択ツールで移動させることも可能です(選択ツールだと、線そのものが移動してしまいます)。

ここまで学んだベジェ曲線で、最初に鉛筆ツールで描いたウサギを描いてみます。


アンカーポイントは少なければ少ないほど良いので、アンカーポイントを増やし過ぎないように注意しましょう。

描きあがったら、線の太さを調整して完成です。
 

●ブラシツール

ブラシツールは「線」ではなく「塗り」であること以外、操作などは基本的に鉛筆ツールと変わりませんが、筆圧対応のペンタブレットを使うことでブラシのような線を描くことができ、かなり手描きに近いテイストで絵を描くことが可能です。

 
こちらは、筆圧対応のペンタブで描いたものです。線の太さが一定ではなく、手描き風になります。

 
ブラシのアイコンをクリックすると、ツールの下の方にブラシの設定が現れます。
上から、ブラシの太さ設定、ブラシの形設定、筆圧設定(筆圧対応ペンタブのみ)、そして傾き設定(傾きでブラシ形状角度変化)となります。

また、ブラシには塗りのオプションがあります。
ブラシの太さ設定の上にあるマークをクリックすると、画像のようなメニューが開きます。

[標準] 上から塗ると、下の線も塗りも塗りつぶしてしまうので、結果、塗ったところは線や塗りが消えてしまいます。
[塗りをペイント] 線以外を塗りつぶします。
[背景をペイント] 線や塗り以外の、何も描かれていない部分を塗ります。
[選択範囲をペイント] なげなわツールなどで選択した塗り部分のみを塗ります。
[内側をペイント] 最初に塗り始めた部分内のみを塗ります。

ウサギの中身を最初にクリックして塗り始めればウサギの中だけ塗れますし、背景を先にクリックして塗り始めた場合は背景が塗られます。

 

このページの先頭へ