1. HOME
  2. 多キャラ箱講座
  3. キャラクターの作り方講座 ②キャラクターの作り方
 
     

だれでも作れるキャラクター講座

②キャラクターの作り方

オリジナルキャラクターを創作される方の中には、自分で描いたキャラクターのグッズを街中の人が持ち歩いてくれるようになるのが夢!という方もたくさんいるかと思います。
では、そんなキャラクターを目指して作ってみましょう!!

キャラクターの作り方に規則はありません。
テーマを決めてから作り始めるのも良いでしょう。落書きや思い付きから描き始める方もいるかもしれません。また好きな動物をモチーフにして作り始めても良いかもしれません。
最終的に「キャラクター」として完成していれば、作り方にこだわる必要はないでしょう。
とは言え、どこから作っていいか分からないという方もいるかもしれませんので、ここでは分かりやすく、モチーフを決めてからキャラクターを作り始めたいと思います。

 

<モチーフを決める>
キャラクターのモチーフの決め方も自由です。
動物や植物、食べ物や家庭用品をモチーフにする。
動物と食べ物、あるいは動物と家庭用品を組み合わせてみるのも良いと思います。
愛着のあるものや身近にあるものをモチーフにしてみるのもいいでしょう。

今回は子供に人気のある動物“くま”をモチーフにしてキャラクターを制作してみます。

 

<基本設定を決める>
モチーフが決まったら、次にキャラクターの設定を行いましょう。

名前  まーくん
年齢  10歳くらい
性別  男の子
性格・特徴  寒がり、いつもマフラーをしている

こうした設定を行うことによって、キャラクターのイメージが固まっていきます。

 

<ラフを作成する>
次にラフスケッチをしていきましょう!
目や耳、口の大きさや位置、形、角度を変えるだけで印象が変わっていきます。イメージにあった表情を探してみましょう。

 

<等身を決める>
体の大きさを決めましょう!
頭と体の大きさのバランスを変えたり、キャラクターに合った等身を探してみましょう。

 

<タッチを決める>
キャラクターを仕上げるにあたり、どのようなタッチが合っているか考えてみましょう。
主線ありやなし。線も太線、手書き風など様々です。

 

<ポーズを描く>
次に全身、横面、後ろ姿などを描いてみましょう!

 

<表情を描く>
いろんな表情を描いてみましょう!

まーくんというキャラクターが活き活きとしてきます。

 

<物語を考える>
寒がりまーくんの一日の物語を考えてみます。

  まーくんは森の中に住んでいます。
  寒がりのまーくんはいつもマフラーをしています。
  今日もお気に入りのマフラーをして森の中を散歩します。
  森の中には、まーくんの友達がたくさんいます。
  仲の良い双子のスズメがあいさつします。
  「まーくん。おはよう!」
  まーくんと森の友達との1日が始まります。

まーくんの物語では、森の中での日常を明るく楽しく描きます。
物語のテーマは「友達の大切さ」。
まーくんとたくさんの友達との触れ合いを通して、物語を展開していきます。

このようにキャラクターとストーリー、そしてテーマ(コンセプト)などが固まっていきます。
まーくん以外のサブキャラクターを同様に制作し、たくさんのイメージイラストを増やしていきましょう。

 

<意見を聞く・検証する>
キャラクターや物語が完成しましたら、友人や知り合いの方に見せ、意見や感想を聞いてみると良いでしょう。自分では気付かなかった点や、より良いアイデアが生まれることもあります。
より良いキャラクターに仕上げていくため、たくさんの方の声に耳を傾けてください。

また、作品を検証するため、インターネットで検索してみるのも良い方法です。
“キャラクター”には似ている作品が多くあります。
誰かの作品を真似たわけでもないのに、自分で描いたキャラクターが他人の作品と似てしまうこともあります。類似したキャラクターがないか調べてみましょう。
例えば、googleやYAHOOで「クマ マフラー キャラクター」と入力し、“画像検索”してみます。
キャラクターの名称も同様です。すでに同じ名前のキャラクターがあると誤解されることもありますから、同名のキャラクターがないかインターネットで検索してみてください。
検索した結果、似たようなキャラクターの画像や同名のキャラクターが見つかりましたら、キャラクターを作り変えていくことも考えましょう。

 

イラスト:Sumi

 

このページの先頭へ