1. HOME
  2. 多キャラ箱講座
  3. イラストの描き方講座 ④印刷用データの作り方
 
     

イラストの描き方講座

④印刷用データの作り方

もう一段階、ステップアップ!
印刷用データの作成を通してPhotoshopの使い方を説明します。
※ここではMacintosh、Photoshop CS4を使用して解説します。

今回はこのポストカードを制作します。
※本講座④では、実際に操作を行いながら、使い方を学べるよう実習用素材を用意しています。
ダウンロードしてお使いください。

1)撮影
粘土で制作した人形を撮影した画像を用いて、Photoshopで加工していきます。
印刷用のデータは高解像度が必要です。※解像度の単位としては「dpi]が用いられています。
解像度が低いと印刷された時、粗が目立ち汚くなりますので、できるだけ解像度の設定を高くして撮影してください。
また、Photoshopで加工する時、大きな絵を縮小するのは問題ありませんが、拡大する場合は画像が粗くなるため、できるだけ避けてください。


>>> 実習用素材のダウンロード
 

2)バックを消す

バックが黒い場合、[自動選択ツール]では、ペンギンの黒い頭の部分を選択することができません。そこで[パス]を使います。
[パス]の扱いは馴れるまで大変ですが、あらゆるソフトで必要となる技術です。身につけると後々役立ちますので頑張ってマスターしてください。

3)パスの作成
上部メニューの[ウィンドウ]→[パス]を選択して[パスパネル]を表示します。赤い矢印の部分のどちらかをクリックし、新規パスを作成してください。
ここで新規パスを作らないと、いつのまにかパスが消えてしまいますので、注意してください。
 
4)パスを描く
[ペンツール] で[パス]を描きます。
左クリックするとポイント(四角い点)が置かれます。左クリックしたままマウスを少し移動すると、ポイントから左右に分かれた線に丸い点の[ハンドル]が伸びますので ([ハンドル]は後から調節できる) 、指を放し、次のポイントを置きたい箇所にポインタを移動して左クリックの上、ドラッグしてマウスボタンを放してください。それを繰り返しながら、人形の周りを[パス]で囲みます。最後のポイントの上にポインタを持っていくと、小さな○が表示されます。その状態でクリックすると[パス]が閉じられます。
 
5)パス選択ツール
適当に人形を囲んだあと[パス選択ツール] ([パス]を選択したり、変形したりすることができる)で[ハンドル]の角度を調節したり、ポイントの位置を移動することできれいに修正することができます。 [ペンツール]のアイコンを長押しすると表示される機能を用いると、余分なポイントを削除したり、追加したりすることもできます。
※作業は画像を拡大して行ってください。
 
6)パスを選択範囲として読み込む
赤い矢印の部分をクリックすると人形が選択されます。
バックを消すため、上部メニューの[選択範囲]→[選択範囲を反転]を選び、バックを選択してください。
 
7)バックを消去する
バックが選択された状態でレイヤーを複製します。
上のレイヤー(「背景のコピー」)を編集していくため、下のレイヤー(「背景」)は非表示にして、見えない状態にしてください。上部メニューの[編集]→[消去]を選ぶとバックが消えます。
これでペンギンだけが残りました。この作業のことを「切り抜き」と言います。この時点で上部メニューの[ファイル]→[保存]を選択し、画像の保存を行ってください。
 
8)新規ファイルを作る
上部メニューの[ファイル]→[新規]を選択します。
通常、印刷用データを作成する場合、上下に3mmの余白が必要となります。
ポストカード(横100mm×縦148mm)の場合、横106mm×縦154mmでファイルを作ります。
重要なのは、解像度を350dpiにすることです。
印刷物に使用するイラストの解像度は350dpi以上必要です。印刷の内容、種類によっては、「600dpiが必要」と指定されることもありますので、カメラで撮影する時は高解像度で撮影し、イラストの場合はできるだけ大きく描いておくと良いでしょう。
 

9)ポストカード作り
グリーンの部分がハガキのサイズです。
[移動ツール] にし、赤い矢印の部分を触ると、青い線(ガイド)が現れます。上下左右3mmの所に青い線を移動し、ガイドを引きます。
便宜上ファイル名を「DM」と入力して、保存してください。

10)多角形選択ツール
([なげなわツール]のアイコンを長押しすると表示されます)
「切り抜き」したペンギンを[多角形選択ツール] (大雑把に輪郭を囲むことができます)を使い、左クリックを繰り返してペンギンを囲みます。上部メニューの[編集]→[コピー]を選択して複製します。

11)ペースト
複製したペンギンの画像を「DM」に貼り付けます。上部メニューの[編集]→[ペースト]を選択してください。

  同様に子供のペンギンも複製し、「DM」の中にペーストします。   バックの画像を制作します。
12)映り込みの撮影
人形を鏡の上で撮影し、ペンギンの鏡に映り込んだ部分を「切り抜き」します。
これで、バックと映り込みの素材が用意できました。

>>> 実習用素材のダウンロード
 

13)レイヤーをドラッグ
バックのイラストのレイヤーを左クリックしたまま「DM」の上までドラッグし、そこでマウスボタンを放してください。すると「バック」が「DM」の中に入ります。このような方法でも複製することができます。

「映り込み」の画像も同様に複製します。

「DM」の中に、切り抜きしたペンギン、映り込みのペンギン、バックが揃いました。

<カラーについて>
印刷用のイラストを描く場合、解像度に注意が必要と書きましたが、もう一つ注意点があります。
それは「色」です。私達が見ているモニターの色は、光の三原色である赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)で現していますが、印刷する場合はシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)の4色インクを混ぜ合わせて色を作ります。
このため、モニターの色を印刷用の4色に変換しなければなりませんが、その時に色が大幅に変わることがあるので注意しなければなりません。
たとえば、左側のRGBを印刷用の色CMYKに変換すると右の色になります。かわいいピンクで作ったはずが、印刷が上がってくると全く違うものになった!ということになりかねません。もちろん特色というインクを使うことでかわいいピンクのままで印刷することもできますが、印刷料金が上がるため、通常は使用しません。
できるだけ彩度の高い色は使用しないほうが無難です。

上部メニューの[ウィンドウ]→[チャンネル]を選択し、赤い矢印の部分のチャンネルを見てください。
RGBはレッド、グリーン、ブルーの3チャンネルです。CMYKはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4チャンネルあります。赤丸の部分にデータサイズが表示されていますが、CMYKはチャンネルが多い分データが重くなります。このため、ポスターや看板などの大きなデータを制作する時は、RGBモードで作業を行います。ハガキのような小さいものはCMYKモードで作業してもいいでしょう。
 
<カラーピッカー(をダブルクリックすると表示されます)>
赤い矢印の部分に[警告マーク]がでる場合、印刷の際に思っていた通りの色がでませんので、警告マークがでない箇所の色を選んでください。
 
<作業用CMYK>
RGBモードで作業する場合、上部メニューの[ビュー]→[校正設定]→[作業用CMYK]をチェックしてください。
最初からチェックマークがついてますが、再度チェックしてください。
こうすることにより、CMYKの色をRGBモードの軽いデータで見ることができますので、「印刷で色が変わった!」といった失敗を避けることができます。
※一度ファイルを閉じると設定は消えてしまいますので、注意してください。
 

14)ファイルの複製
上部メニューの[イメージ]→[複製]を選択し、「DM」の予備を作っておくと良いです。

15)縮小
上部メニューの[編集]→[変形]→[拡大・縮小]を選び、[シフトキー]を押したまま、赤い矢印の部分を動かしサイズを変更します。
※[シフトキー]を押すと、縦横比率が変わらずに拡大縮小することができます。
このように素材を任意の位置に配置していくことを「レイアウト」といいます。

 
16)透明度
レイアウトが決まれば、微調整していきます。
赤い矢印の部分の数値を変更すると、氷に映り込んでいるペンギンを画像の透明度を変えることができます。

Photoshopでの作業では、拡大縮小を何度も繰り返すと画質が落ちるので注意してください。操作を繰り返しすぎた場合、複製した「DM」の予備を使用し、レイアウトをやり直すと良いでしょう。
 
17)パスでふきだしを描く
ペンギンを切り抜く時に[パス]を使いましたが、ここでも[パス]を使ってみましょう。
 
  クリックしてポイントを置きます。マウスボタンは押したまま、次のポイントに進みます。   直線を引く場合は、クリックしてポイント置き、マウスボタンから指を放して次の位置に進んでください。

18)境界線を描く
パスを選択範囲として読み込んで境界線を描きます。

[パスパネル]の下にある赤丸で囲んだアイコンをクリックし、選択範囲を作ってください。

新規レイヤーを作成し、上部メニューの[編集]→[境界線を描く]を選択するとダイアログボックスが開きます。線の太さ、色などを指定することができます。

 
19)ピクセル等倍
上部メニューの[ビュー]→[ピクセル等倍]を選択すると、画像が大きくなります。
これが実際に印刷された時の見え方になります。
「ギザギザになっていないか」「ボケていないか」「ゴミがついていないか」をピクセル等倍(100%)にして確認してください。
 
20)CMYKに変換
上部メニューの[イメージ]→[モード]→[CMYKカラー]にするとダイアログボックスが開きます。「画像を統合しますか?」の質問がでますので、[統合]をクリックしてください(後で編集する場合は、画像を統合しないでください)。
この時点でイラストは印刷用のカラーCMYKに変換されました。RGBモードに戻しても、色はCMYKのままで変わりませんので注意してください。
 
完成です。

印刷用データの作り方を通して、Photoshopの操作方法を解説しました。
Photoshopはバージョンによって、使える機能も操作方法も異なります。色々と使って試してみてください。


注意:本講座④で提供している実習用素材の著作権は小川アリカ氏にあります。
 
 

このページの先頭へ