1. HOME
  2. 多キャラ箱講座
  3. だれでも作れるポストカード講座 ④デザインワーク
 
     

だれでも作れるポストカード講座

④デザインワーク

ポストカードのデザインを始めます。

直接アートボード内にデザインしていくことも可能ですが、ここでは、すでに制作済みの画像をドラッグ&ペースト、あるいは[ファイル]→[配置]から画像をアートボードに貼り付けて構成していく方法を説明します。

配置した画像が小さすぎる、あるいは、大きすぎる場合は、マウスで画像を選択し、shiftキーを押しながら拡大・縮小を行ってください(縦横比が崩れずに拡大・縮小できます)。
背景なども同様に配置していきます(重ね順などに注意して配置してください)。

<印刷範囲について>

ポストカードのデザインにあたっては、プリンターを使って印刷することを考慮する必要があります。
最近では、全面印刷が可能なプリンターが主流ですが、フチまで印刷できないプリンターがあることを意識してデザインしておくとよいかもしれません。
※印刷範囲が限られているプリンターでは、下の画像のブタの配置であれば切れることなく印刷することができますが、アヒルの尾っぽは切れて印刷されます。

<文字を入れる>

画像の配置完了後、「Thank you!」と文字を入力し、使用するフォントを選定します。
文字サイズの調整は、上部メニューバーから行うことができますが、画像と同様にマウスで調整することも可能です。縦横の比率を変えないようにするためには、Shiftキーを押しながら操作してください。
文字の入力完了後、ファイルを保存します。(アウトライン化前のファイル)

<文字をアウトライン化する>

アートボード上の文字を選択し、[書式]→[アウトラインを作成]によりアウトライン化が完了します。

アウトライン化によって、下線が入っていた文字のフチが青い点と線で囲まれました。

ここまでの作業ができましたらデザインは完成です。
ここで改めて別名保存します。(アウトライン化後のファイル)
※アウトライン化前のファイル名を「○○○○.ai」、アウトライン化後のファイル名を「○○○○_ol.ai」と別名保存しておくと、あとで修正が必要となった時でも、アウトライン化前のファイルを用いて作業することができます。

<文字のアウトライン化の必要性>

使用した文字のフォントと同じフォントが入っていない他のパソコンでファイルを開くと、文字化けや文体が崩れて正しく表示されないことがあります。
こうしたことを防ぐため、フォントで作られた文字情報を図形(パスオブジェクト)化します。この作業を「アウトライン化」と呼びます。
※アウトライン化を行うとテキストの変更ができなくなります。このため、アウトライン化はすべての作業が完了してから行ってください。

 

このページの先頭へ