1. HOME
  2. 多キャラ箱講座
  3. だれでも作れるポストカード講座 ⑥ワンポイントアドバイス
 
     

だれでも作れるポストカード講座

⑥ワンポイントアドバイス

Q1  ポストカードはどういったデザインがよいですか?

ポストカードは、季節の挨拶や感謝の気持ち、お祝いの言葉を伝えるときによく使われます。受け取って、喜んでいただけるようなものを意識して作るとよいでしょう。

Q2  文字や絵柄が切れるのを防ぐためには、どの程度内側に入れればよいですか?

仕上がり位置より3mm内側に入れておくとよいでしよう。
文字だけでなく、切れてしまうと見栄えが悪くなる飾り枠なども内側3mmをキープします。

Q3  キャラクターの画像を配置したときの重ね順を変更する方法を教えてください。

[レイヤー]のウインドウにあるファイル名をドラッグして移動します。ファイル名を上に動かすと重ね順は上になり、下に動かすと重ね順も下になります。
[レイヤー]のウインドウが表示されてない場合は、[ウインドウ]から[レイヤー]を選択し、表示してください。

Q4  保存したPDFのファイルサイズを軽くする方法を教えてください。

配置した画像を適切なサイズで保存し直します。
大きな画像素材を配置した場合、「ラスタライズ」という作業を行うことでファイルサイズを軽くすることができます。
[リンク]から画像を選択し、右上のドロップダウンから[画像を埋め込み]を選択します。

埋め込んだ画像を選択した状態で[オブジェクト]→[ラスタライズ]を選択します。

次に出てくる画面でカラーモードを[CMYK]、解像度を[300ppi]、背景を[透明]に設定し、オプションの[特色を保持]のチェックを外します。

この状態で保存すると配置した画像のサイズが最適化されます。
ラスタライズ後は配置した画像サイズに合わせた解像度になるため、この作業後に画像の拡大を行うと画質が劣化するので注意が必要です。

Q5  Photoshopでの設定の仕方を教えてください。

基本的にはIllustratorの設定と同じです。
Photoshopを起動し、[ファイル]→[新規]を選択後、サイズを100 mm×148mm(1181 pixel×1748pixel)に設定します(横向きの場合は148 mm×100mm)。解像度は[300pixel/inch]にします。カラーモードは[CMYK]です。
デザイン完成後、Photoshopの拡張子であるpsd(ps)ファイルで保存をします。
その後、[別名で保存]のファイル形式を[Photoshop PDF]で保存します。
サムネイル用画像は[Webおよびデバイス用に保存]から保存します。
Photoshopでも⑤アップロードファイルに記載した項目と同様の項目がありますので参考にしてください。

 

このページの先頭へ